小規模多機能型居宅介護とは
介護が必要となったとき、介護保険制度により色々なサービスが利用できますが、「小規模多機能型居宅介護」も介護保険で利用できるサービスの一つです。
(平成18年4月から始まった比較的新しいサービスです)

このサービスの特徴は一つの事業所が
「通い」「宿泊」「訪問」の三つの機能を持っていることです。利用される方の生活の様子や心身の状態に合わせて、この三つのサービスを柔軟に組み合わせることができます。




    国立市民のみの登録制:24名
    通いサービス1日定員: 12名
    宿泊サービス1日定員: 6名
    定額(月額)制


従来のサービスは...
















 
 一般的なサービスでは、デイサービスを利用したり、ヘルパーさんを頼んだり、ショートステイ(短期宿泊)を利用するにはそれぞれの施設や事業所との契約が必要です。また、急な都合で日程を変更する場合にもそれぞれの施設や事業所に連絡する必要があります。
   

小規模多機能型居宅介護では...
   



















 
小規模多機能型居宅介護では「通い」「宿泊」「訪問」の三つの機能を持っていますので一つの施設を利用しながらこの三つのサービスを利用することができます。

例えば、施設に通って入浴や食事、レクリエーション等のサービスを受けたり(「通い」)、月に何日か宿泊したり(「宿泊」)、あるいは自宅に訪問して安否確認や服薬確認をしてもらったり(「訪問」)することができるのです。

もちろん、急な変更があっても一か所に連絡するだけで日程の変更ができますし
例えば、急に体調を崩された場合など「通い」の予定を「訪問」に変更して、ご自宅へ様子を見に伺うといった柔軟な対応をすることも可能です。
   


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「 通 い 」                                                           
  ご利用時間は10:00頃〜17:30頃の間のご希望の時間
  昼食をご提供しています
お元気な方には調理や盛り付けをお手伝いいただいています
  体操をしたり、歌を歌ったり、皆さんとおしゃべりしたり、
絵を描いたり・・・     
  入浴もできます
  日によって皆さんでおやつ手作りも・・・
 
「 宿 泊 」                                                        
  ウェルケア国立の2F部分は宿泊できるスペースになっています
  6部屋の個室と食事ができる談話スペース、お風呂やトイレがあります  
  日中に来られて夜は2階で宿泊したり、夕方から来られて宿泊だけされる方もいます  
 
「 訪 問 」                                                         
  ウェルケア国立でいつも働いているスタッフがお宅に訪問します
  安否確認、緊急対応も行います